仕事から帰宅途中の居眠り運転での事故

以前就いていた職場は自宅から車で片道一時間ほどかかる場所でした。田舎の田んぼ道を通り市街地を抜け山のふもとに建っている介護施設です。私はその施設に介護職員として勤めていました。体をつかう仕事ですので、毎日へとへとに疲れて終業するため、帰宅する際も出勤する際も疲れがとれずだるさを抱えていました。運転中も疲れから注意力が散漫になり、一瞬ハンドルを動かすのが遅かったら事故を起こしていたかもしれない、という場面も多々ありました。そのまま一年は事故を危なげないながらも事故を回避して仕事に就いていました。介護の職に就いて二年目、片道一時間の通勤にも慣れ、油断していたのかもしれません。帰宅中居眠り運転での事故を起こしてしまいました。市街地を抜ける際には車どおりが多いこともあり、気を張って運転するため、まだ危険なく運転できていたと思います。市街地から自宅近くまで続く、中央線のない車どおりの少ない道に入ったところで気が抜けて眠くなってしまい、だんだん運転が荒くなっていきました。目を閉じかけてハッっと意識を取り戻し蛇行している車体をまっすぐに整える事を繰り返していたのを覚えています。次の瞬間ものすごい衝撃をうけ目が覚めました。居眠り運転で反対車線に飛び出し、対向車に正面衝突していました。事故直後は状況がわからずぼうっとしたままでしたが、いつの間にか救急車と警察が到着していて、そこでやっと自分が事故を起こしたことを知りました。幸い事故の相手も私も大きな怪我や後遺症はありませんでしたが、お互いの車は廃車になりました。廃車に出すならコチラがおすすめ!

今どきの自動車保険は便利です

夫はネットオークションでよくスクーターを落札します。そのスクーターを引き取りに行くために軽のワンボックスカーを所有しています。
その車で約50㎞離れたところに落札したスクーターを二人で引き取りに行く時のことです。3分の1ほど行ったところで車の電気系統がおかしくなったんです。お互い口には出しませんでしたが「オルタネーターだ」と二人とも思っていました。でも引き取りに行くという約束があったので、音楽を消し、暖房を消し、少しの電力も無駄にしないで一路スクーターの元へ走り出しました。でもやっぱりダメだったんです。すぐに走れない状態になってしまいました。途方に暮れました。

まずはどうやって自宅まで車ごと帰るか。初めての経験だったので難問でした。車関係の友達に連絡をしたら「任意保険に入ってるでしょ。今はほとんどの人が自走できなくなった時のサービス付けてるよ」と言われハッとしました。私たち夫婦はロクに内容を確認せずにいつも保険の継続をしていたんです。
早速保険会社に連絡をとり、契約内容を調べてもらいました。結果、付けてたんです!ロードサービスを!神様はいるんだなぁと思いました。

ロードサービスの手配をしてお迎えのローダーを待ってる間、車のエンジンはかけていたのですが暖房はoffです。3月の夜、とっても寒かったです。

保険会社の担当の方の話で「ローダーに人は載せることはできない」といわれました。その代わり交通費が出ると。でももう電車が走ってる時間ではない。タクシーだったらいくらまで出るんだろうと不安に思いながらいました。ところがローダーの運転手さんは「電車ないし、寒いし、乗っていいですよ」と言ってくれたんです。
本当に助かりました。

後日改めてレンタカーを借りてスクーターを取りにいきました。勿論レンタカー代は保険会社持ちです。
やっぱり保険は大事ですね。車の耳寄り情報はコチラがお得です。

愛しのワーゲンビートル

かれこれ20年以上前の話になります。ワーゲンのビートルに乗っていました。中古で購入したものです。
色はホワイトで内装はウッドを基調にしてカスタムしていました。愛らしいボディのデザインが大好きで子供の頃から憧れていた車でした。その当時では珍しくミッションで重ステでした。狭い駐車場では切り返しを繰り返しての駐車が当たり前。また空調が効かず、夏は窓を全開で冬は服を着込んで乗車していました。警報装置を付けていたのですが、その誤作動も大変多かったです。旅行に行ったとき高速道路で煙を上げて、その後動かずという事もありました。ファンベルトのトラブルも数えきれず。トータルの維持費と修理代は購入額の5倍にはなっていました。そのような状況は興味の無い人には理解出来なかったみたいです。
ただ大好きで乗り続けた買ったのです。その気持ちも子供が生まれて変わりました。当時、車種にピッタリ合うチャイルドシートは売って無く、無理やり取り付けました。夏は汗だく、冬は寒そうな子供がかわいそうに思えてきたのです。他の車種に乗り換えを決意し、下取りに出したところ値段が付きませんでした。それではビートルを手離せず、色々探しているとディスプレイ用で譲って欲しいという話が入ってきました。エンジンなどは無くなりますが、たまに会いに行くことも出来るし涙が出てくるほど嬉しかったです。http://xn--dkrznv0xopej9onj1cgbd.net/←参照サイト

車の冷房の性能について

我が家で利用している車には当然、冷房が設置されています。この記事を書く少し前にもその車に乗っていて、車内が蒸し暑く感じたので冷房を起動させたのですが、生ぬるい風が出るだけで、一向に涼しくなりません。この事は以前からずっと気にはなっていたのですが、今日改めて感じたので、記事を書かせていただきました。正直なところ、窓を開けた方が涼しいです。それでも、外気が寒くて窓を開ける事ができず、それでも車内には熱がこもっていて蒸し暑いという事もよくあります。こういったジレンマを解消するためにも冷房の性能をもう少し高くして欲しいと思います。この事は我が家で利用している車だけでなく、他の車を運転している時にも感じます。特に運転席か助手席ではなく、後ろの席に座っている際には、この事を強く感じさせられます。涼しさをほとんど感じません。それと、車に設置された冷房の匂いを気になります。我が家の車では、然程気にならないのですが、他の車の冷房を起動させると、匂いがとても気になる事が多々あります。私は車に関しては素人なので、可能なのかは分かりませんが、冷房の性能の向上と匂いの解消が出来るなら、とても素晴らしいと思います。http://xn--mkr3mn4x413bh2i96c.com/←このサイトを参考にすると中古車修理の会社や車を買取に出す際のお得情報などが記載されていて見るだけでも楽しいサイトですね。

ステップワゴンスパーダを購入

7年前にホンダのステップワゴンスパーダを購入しました。トヨタにも足を運んでみましたが私と主人はヴォクシーやノアのデザインがあまり好きではなくホンダに行くことにしました。ホンダには友人がいたこともあり、色々と相談にのってもらいました。ホンダのフリードも考えていたのですがもう1人子供が欲しかったので8人乗りのワゴンにすることにしました。初めは中古車や試乗車の購入を考えていました。ですが中古車は両側パワースライドドアが無いことと、試乗車は他のお客様が購入してしまった為、新車で見積もりをすることになりました。見積もりをした後、悩み結局新車で購入することになりました。納車の日はとても待ち遠しく初めて運転したときは緊張し自宅の駐車場も入れられるか心配したのを覚えています。今では子供も1人増え、6人家族で遠出を楽しんでいます。子供達も部活動を始め、大会などの送迎で車を使う日が増えました。新車で購入するのを悩んでましたが今では新車で購入して良かったと思っています。ホイールを新しく替えてみたりと楽しんでいます。軽自動車もありますが乗り心地はやっぱりワゴンの方がいいです。家族が増えるならワゴンをおすすめします。http://xn--torq0vd0hw5fx27b9uc.com/←こちらのサイトでは車を購入する際の少し得する情報が豊富に入っています。その他浜松市内の車買取業者も紹介されていて結構詳しく書かれているので見るだけでも車すきからすると楽しいですね。

初めてのドライブで・・・。

あれはもう30年も前のはなしです。車の免許を取ってまもなくのこと、友達と山梨県の山中湖にキャンプにいこうと言うことになり、買ったばかりの三菱コルサに荷物を詰め込み自宅を出ました。高速を使っての移動でしたが、俺はバイクの免許も持っているので高速の運転はスムーズなものでした。買ったばかりの車も快調そのもので快適なドライブだったのですが、エアコンからモアモアと煙らしきものが出て来た時にはちょっとびっくりさせられました。単純にエアコンが効きが強かっただけの事だったらしいです。その後、何事もなく快適なドライブが続くと思いきあ、山梨に入ってふとバックミラーにめをやると、車の後方からモクモクと煙が出ているではありませんか、高速の上だったのでそのまま暫く走り続け、高速をおりました。しかし、後方からの煙は止まりません。仕方なくレッカーを頼み修理工場送り、あえなく初ドライブは終わったのでした。
帰る足を失った友達と俺は、来た道をとぼとぼと歩きました。結構遅い時間だっため、すでにバスもなく歩くしかなかったのです。ちょうど峠を歩いている時でした2人組がお兄さんが乗った車に拾われ駅に送ってもらったのですが、既に駅は閉まっていました。その後タクシーに乗り換え大きな駅に送ってもらい、なんとか電車を乗り継ぎ、家までたどり着きました。これが俺の初ドライブの思い出です。http://xn--tor66v26gis4b3fc.com/←こちらのサイトでは車修理会社の一覧が確認できますよ。

中古車の購入での悩みどころ

私が現在乗っているのは、スズキのワゴンRなのですが、1つ変わっているのが、ミッション車ということです。
自分の加入している保険屋さんの知り合いから中古で購入しました。
このワゴンRの前も、ミラのミッション車でした。
免許を取ってからオートマチック車を持った事は1度だけで、それも免許取得直後たったの3ヶ月だけなので、現在ではミッションに乗り慣れてしまい、オートマチックを運転することが少し怖くなりました。
乗れないことはないのですが、ブレーキを離すと起こるクリープ現象や、ミッションではクラッチの位置にあるパーキングブレーキ等が慣れず、オートマチックに乗るときはいつも緊張しぱなっしです…。
たまに親・兄弟のオートマチック車に乗ることがありますが、何度かエンストするという恥ずかしい事も…。
なので、基本は自分のミッション車の運転しかしません。
ミッション車も現在少なく、あっても高いので、しっかりメンテナンスをして長期乗れるようにしていたつもりなのですが、少し前から異音が気になり始めました。
そして、つい最近車検を受けたのですが、ギアオイルの部分に穴が空いていて、ギア自体もかなりの劣化とのこと…。
他にもガタがきているところが多く、全て直すのにウン十万掛かる予想…。
とりあえず車検を通すことは出来ましたが、次の車検まで持たないと言われ、とても焦っています。
元々は中古で20万いかない金額で買っているので、それ以上出して直すのも馬鹿らしく、新たに中古車を購入しようと思いましたが、ミッション車がなかなか見つからない…。
あっても結構なお値段で、オートマチック車のがお手軽価格なんですよね。
慣れた高いミッションか、お手軽価格のオートマチックか、かなりの悩みどころです……。

特に私が住んでいる福島県いわき市ではかなりオートマの方がお得な市場になっています。

やっぱり田舎なので車の利用者が多いからでしょうかね。

http://xn--n8js1rx15kdwkwj2egbd.com/では中古車買取の詳細やいわき市の中古車情報もかなり詳細に書かれているので中古車の買取や購入を考えている方は一度確認してみると良いと思いますよ!

車を持たない生活のススメ

ここ数年、レンタカーとは別の、カーシェアというサービスが浸透してきました。
使い方はレンタカーよりも手続きが簡単で小回りが効くもの。

申込書に必要事項を書き、免許証のコピーと共に業者に送って承認がおりるのを待つこと約一週間。専用のカードが届きます。
インターネットで予約して、各地に存在する駐車場の専用車にカードをかざせば、簡単に様々な車種が使えます。一回15分程度から使えるのでちょっとした用事にも大変重宝します。
一回申請すれば、後はネットの予約だけなので本当に使い勝手が良いサービスです。

地方は車を持たずしては生活にならない地域もありますが、都心は逆に駐車場代が高いわりには電車やバス、地下鉄などその他の交通網が充実しているため、案外車の方がガソリン代やメンテナンス費用も含めると高くつきがちです。更に都心は専用車が置いてある駐車場、「ステーション」の数は充分過ぎるくらいあります。また、車種も小型車からエコカーまで豊富。

車が趣味、という方は別ですが、都心のサラリーマンのコストパフォーマンスを考えると圧倒的に車なし生活が便利。特に独身者は「この車、何故買ったんだ・・・」と思えるほど。

地方から都心に転勤になるあなた、仕事が忙しくなってきて乗らなくなった車があるあなた、カーシェアというサービスで充分であることが確認できたらマイカーを手放して身軽な生活にシフトしてみてはいかがでしょうか。

大分で住んでいる私の場合車買取大分で車の買取情報を掴んでいます。大分県内の車買取相場などが一気に入手できてかなりお得な情報も記載されていますしね。

車に乗れて大助かりな生活

自動車の運転は得意な方ではないのですが、今はほぼ毎日車で移動しています。以前は、通勤も子どもの保育園への送迎も電動自転車でした。でも妊娠が発覚してから、職場までの結構な距離を自転車で移動することが怖くなって、乗るのをやめたのです。そこで、夫が毎日通勤で使っていた車を譲ってもらい、子どもの送迎も通勤も車に頼る生活が始まりました。
働く妊婦にとって、車で移動できるのは本当にラクです。まず、体力を消耗しないので元気な状態で仕事に行けました。車がなく子どもの送迎をして通勤するのは、結構大変なことです。雨の日は特に子連れでの移動が車でよかったと本当に思いました。特に週末の金曜日は、職場からの荷物も保育園の荷物もかさばりますが、それも車に乗せられるので負担がありません。もう車が快適すぎて、自転車に乗れるようになっても車を手放せないのでは…と今から思うくらいです。
さらに、車通勤を始めていいことがありました。車の運転が楽しくなってきたのです。あまり乗らなかった頃は、狭い道で対向車とすれ違うたびにストレスだったりしたのですが、今はすれ違えるポイントが見てわかるようになったので、狭い道も怖くなくなってきました。たまに暴走してくる人はいますが…。これからは、慣れてきた分油断して事故につながらないよう気を付けていきます。僕が住んでいる街は長野県の上田市というところでそばで有名なところなのですが、車の買い替えなどを考える際は確実に車買取上田市で中古車買取査定サイトを利用しようと思っています。色々なところを調べてみてもこのサイトぐらい上田市について詳しく書いているサイトも無いですし、車買取のお得情報も満載です。上田市に住んでいる人は必見ですね。

車を色々乗り代えて印象に残るのは初めての車

私は今迄に車を5回乗り代えました。その内新車は1台で、3台が中古車屋で購入し1台は会社の同僚からもらいました。その車それぞれに色々な思い出があります。
免許を取って初めて乗った車が、中古車屋でかなり安く購入したマークIIでした。ハンドルから手を離すと曲がって走り出してしまう車でした。バランスが悪い為、タイヤがすぐに擦りへってしまい雨振りなどスリップする事がよくありました。次に購入した車は新車で、GTOでした。オールローンで購入し、乗り心地や性能は飛び切りに良かったのですが、維持費とローンが厳しいので2年で売却しローン返済に充てました。その後はキューブを会社の同僚からもらい、かなりのキロ数走っている車だったのですが、エンジンの調子が良くかなり気に入ってました。しかし、電気系統が壊れ3年で廃車しました。その後軽のミラに2年乗り、今はエスティマに乗っています。
乗り代えてきた中で、今でも印象に1番残っているのは初めて購入したマークIIです。かなりトラブルがありましたが、1番車に愛着を持って乗っていたような気がします。初めて乗った車は思い出に残るのかなと思います。今後当面は、乗り代える予定はないですが、そろそろ違う車に乗りたくなってきています。違う車に乗る際は車買取守口市で高額買取査定を貰うようにしたいと思っています。愛車が高く売れる方が絶対お得ですからね。